読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんぐすらいど

ロードレース関連の記事が中心。https://twitter.com/SuzuTamaki

ツアー・オブ・ジ・アルプス2017 総括

ジロ・デル・トレンティーノから名前を変えて、初開催となったツアー・オブ・ジ・アルプスは、「ジロ前哨戦」としての役割を十分にこなし、劇的な5日間の日程を終えた。 最終的にポディウムの頂点に立ったのはゲラント・トーマス。 初の総合エースとして挑む…

ツアー・オブ・ジ・アルプス2017 第2ステージ

大雪に見舞われたツアー・オブ・ジ・アルプス第2ステージは、ブレンナー峠をコースから除外するという方法を取った。 Embed from Getty Images すなわち、スタート地点をインスブルックではなく、その南40kmのイタリアの都市ビピテーノになった、というわけ…

ツアー・オブ・ジ・アルプス2017 第1ステージ

アルのまさかのジロ出場断念により、ジロ、およびこの「ジ・アルプス」のエースに突如抜擢された、スカルポーニ。 今年で38歳になる大ベテランは、その責務をしっかりと果たした。 そして、チームに実に5か月半ぶりとなる、今シーズン初の勝利をもたらした。…

フレッシュ・ワロンヌ2017 プレビュー

今年で81回目を迎える「フレッシュ・ワロンヌ」。 「フレッシュ」とは「矢」という意味でのフランス語で*1、意味は「ワロンの矢」というものである。 その名の通り、ベルギーのフランス語圏ワロン地方で行われる、アルデンヌ・クラシック第2戦である。 名物…

アムステルゴールドレース2017

誰もが、クフャトコフスキの勝利を疑わなかった。 ミラノ~サンレモでも見せた、クフャトコフスキの必勝パターン。 ジルベールとの差は、一車身以上あったのではないか。 それを、彼は執念で喰らいついた。 だけでなく、これを抜き返しさえしたのである! あ…

ツアー・オブ・ジ・アルプス2017 プレビュー

昨年まで「ジロ・デル・トレンティーノ」と呼ばれていたレースが、ステージ数・開催地域ともに拡大し、生まれ変わった。 www.cyclingnews.com 全4ステージで構成されていた昨年までと違い、今年は全5ステージ。 恒例の初日チームタイムトライアルもなくなり…

アムステルゴールドレース2017 プレビュー

いよいよ始まる「アルデンヌ・クラシック」3連戦。 その緒戦となるのがこの「アムステルゴールドレース」である。 舞台となるのはオランダ南部のリンブルフ州。 オランダとはいえ、リエージュからは鉄道で30分程度の距離。 ベルギー同様の熱いクラシックレー…

ブエルタ・アル・パイスバスコ2017 第3ステージ&シュヘルデプライス2017

ダビ・デラクルス、今期2度目の逃げ切り勝利! 昨年8月末にブエルタにてプロ初勝利を遂げてから、わずか半年とちょっと一気にワールドツアー勝利3つを積み上げた。 さらに言えば同日開催のシュヘルデプライス(1.HC)でのキッテル勝利と合わせ、クイックステッ…

アジアツアーランキング首位をひた走るチーム右京はこのまま突き抜けることができるか

チーム右京が好調だ。 現在行われている「ツアー・オブ・タイランド」(2.1)では、ジョン・アベラストゥリが第3ステージで優勝。 先日行われた「ツール・ド・台湾」(2.1)でも、ベンジャミン・プラデスが総合優勝を果たし、125ポイントものUCIポイントを稼いで…

ブエルタ・アル・パイスバスコ2017 第2ステージ

初日のパンプローナ戦を終えたプロトンはそのまま南西に進路を進め、いよいよバスク州に突入。 バスク州南部のエルツィエゴ(スペイン名「エルシエゴ」)へとゴールする。 強い向かい風が吹く中、プロトンはペース抑え目で走り、先頭は2名の逃げによって最大4…

パリ~ルーベ2017 プレビュー

「クラシックの女王」或いは「北の地獄」 いよいよ開幕(4月9日)。 「地獄」の名に相応しいこのレースで、栄冠を手にするのは果たして誰か。 目次 今年のコースと見所 第22セクター(残り119.5km)「ケレネン」(★★★) 第19セクター(残り95.5km)「アランベール」(…

ブエルタ・アル・パイスバスコ2017 第1ステージ

フランドルでの激戦から一夜明け、興奮冷めやらぬ思いのまま迎えたバスク1周レース初日。 北の大地とは打って変わって落ち着いた様子でプロトンは進む。 逃げは3人。 カハルラルのリュイスギジェルモ・マース(スペイン、28歳) コフィディスのヨアン・バゴ(フ…

ロンド・ファン・フラーンデレン2017

Embed from Getty Images 昨年に引き続き、伝説が生まれた瞬間であった。 ロンドで勝ちたいと言ってBMCを飛び出したジルベールが、しっかりと宣言通りの優勝。それだけでも凄いのだが、それ以上に凄かったのがその勝ち方であった。 残り55km地点の「2周目オ…

デパンヌ~コクサイデ3日間2017

ヘント~ウェヴェルヘムとロンド・ファン・フラーンデレンに挟まれる形で行われるフランドル地方のステージレース。 第1日はクラシック風味のコースで、今年は久しくロンドから姿を消していた「カペル・ミュール(ミュール・ド・ヘラールツベルヘン)」が残り1…

ブエルタ・アル・パイスバスコ2017 プレビュー

日本語では「バスク1周」の名でも知られる歴史あるワールドツアークラスのステージレース。英語では "Tour of the Basque Country" 例年、北ヨーロッパがモニュメント・クラシックで湧く4月頭に、南ヨーロッパで最も自転車熱の高い地域と言っても過言ではな…

ロンド・ファン・フラーンデレン2017 プレビュー

Embed from Getty Images 今年もいよいよやってきた。 「クラシックの王様」、ロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・ド・フランドル)。 昨年は第100回記念大会となり、伝説の男カンチェラーラの鋭いアタックが光ったものの、彼を独走力で引き千切るという…

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2017 総括

最終日までスペクタルに溢れ、驚きに満ち溢れた一週間をもたらしてくれたボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャが閉幕した。 今、最も調子の良さを感じる男たちが勝利を掴んだようにも思え、今後を占ううえでも参考になったレースかもしれない。 一方で、ス…

E3・ハレルベーク2017

晴天の下、開幕した206.1kmの旅路は、いくつかの小さなクラッシュと共に始まった。 その中でいきなりのリタイアを余儀なくされた選手の1人が、トニー・ギャロパン(ロット・ソウダル)であった。 それゆえに最初に形成された6人の逃げは、問題なく4分以上のタ…

E3・ハレルベーク2017 注目チーム・選手たち

ベルギー、フランデレン地域で開催されるワールドツアーレース。 昨年まではベルギーにおけるシーズン最初のワールドツアーレースとして、「北のクラシック」シーズンの開幕を告げる注目度の高いレースであった。 また、2日後には同じくワールドツアーのフラ…

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ第5ステージ プレビュー ティージェイ・ヴァンガーデレンは総合首位の座を守れるか

いよいよカタルーニャ1周のクイーンステージに到達する。 トルトサ郊外に位置する「ロポルト」山頂ゴール。 標高は1000mと大したほどではないが、標高25m地点から一気に登るため、獲得標高は大きい。 登坂距離20km超えのため、平均勾配は5%程度だが、ラスト6…

ドワルスドール・フラーンデレン2017 フィリップ・ジルベールのロンドへの思い

「北のクラシック最強軍団」クイックステップ・フロアーズが、その実力を遺憾なく発揮し、勝利を掴み取った。 「数的優位」が逆に敗北の兆候であると揶揄され続けてきたこのチームが、今期新加入となった「アルデンヌの王」フィリップ・ジルベールを中心とし…

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2017 第2ステージ

波乱が予想されていた長距離(41km)チームタイムトライアル。 大方の予想通り、トレック・セガフレードのタイム(50分10秒)を大きく上回ったのがBMCレーシングチーム。48分57秒のタイムを叩き出し、トレックを1分13秒上回る結果に。トレックのエース、アルベル…

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2017 第1ステージ

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ第1ステージは平坦ステージ・・・というのは名ばかりで、2日前のミラノ~サンレモから駆けつけている選手たちにとってはあまりにも厳しい山岳含みのコースとなった。 とはいえ翌第2ステージは総合成績を左右しかねない…

ドワルスドール・フラーンデレン2017 エドワード・トゥーンスはワールドツアー初勝利を飾れるか

3月22日水曜日、ベルギー北西部西フランドル地方を舞台に行われるワンデーレース。今年からワールドツアー入りを果たした。 ここから2週間にわたって行われる、フランドルクラシック4連戦の開幕を告げるレースであり、ヘント~ウェヴェルヘムやロンド・ファ…

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2017 プレビュー

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ。通称「カタルーニャ1周」。 スペイン北東部のカタルーニャ地方において1911年から開催されており、今年で97回目を迎える歴史あるレースだ。 開催日程は3月20日から26日間までの7日間。 近年はタイムトライアルを開催…

宇都宮ロードレース

2017シーズンJプロツアー第2戦となる「宇都宮ロードレース」が、3月19日(日)栃木県宇都宮市森林公園(鶴カントリークラブ)で行われた。 今年初開催となる本レースは、ジャパンカップのコースを一部使用したレイアウトとなっている。1周6.4kmの周回コースを、J…

ミラノ~サンレモ2017

「ラ・プリマヴェーラ」の名に相応しい、春の陽光に照らされたミラノ~サンレモ。 5kmほどのアタック合戦の末に、10人の逃げがすんなりと決まった。 ミラノ~サンレモ2017逃げメンバー一覧 集団とのタイム差は4~5分で維持され、集団の牽引は、昨年度優勝者…

ミラノ~サンレモ2017 プレビュー

「ラ・プリマヴェーラ(春)」の別名で知られる、春のクラシックシーズンの開幕を告げる伝統的なレース、ミラノ~サンレモ。 今年で108回目の開催となるこのレースは「モニュメント」と呼ばれる最高格付のワンデーレースの1つに位置付けられ、とくにこのミラノ…

ティレーノ~アドリアティコ2017 第7ステージ&総括

総合争いの行方が最後までわからない状態で突入したティレーノ~アドリアティコ最終ステージは全長10.05kmの個人タイムトライアル。 総合首位のナイロ・キンタナと総合3位のローハン・デニスのタイム差は1分6秒。 2015年にキンタナがこのステージで出した記…

パリ~ニース2017 総括

昨年に引き続き、最終ステージでなお、激しい総合争いが繰り広げられ、数秒差での決着となった2017年のパリ~ニース。 総合エースクラスの多くのトップライダーがティレーノ~アドリアティコに流れる中、むしろセカンドエース級の選手が多く揃ったからこその…

ティレーノ~アドリアティコ2017 第5ステージ&第6ステージ

ラスト50kmに20%超えの激坂区間が連続するというハードな丘陵ステージ。アルデンヌクラシックやイル・ロンバルディアに匹敵するこの難関ステージを制したのは世界王者ペーター・サガン。 彼以外にはキンタナやウラン、モレマといった総合ライダーたちが肩を…

ティレーノ~アドリアティコ第4ステージ テルミニッロに見るグランツールライダーたちの足の調子

ティレーノ~アドリアティコのクイーンステージである、「テルミニッロ山頂ゴール」。 全長16.1km、平均勾配7%、最大勾配12%という、グランツール相当の難関山岳。 実際、シクロワイアードの記事によると、ティレーノ~アドリアティコが難関山岳を取り入れた…

パリ~ニース2017 第7ステージ

フランス北部の最初の2ステージで、大きくタイムを失ったリッチー・ポート。 もはや、どう足掻いても総合争いには絡めないほどのタイム差を得ることとなった彼は、しかし、リタイアすることもなく、ただ走り続けることを選んだ。 そして彼は、第5ステージ、…

パリ~ニース2017 第6ステージ

パリ~ニースもいよいよ終盤。 山岳ステージ3連戦の初日となった今日は、3つの1級山岳を含んだ厳しいコースで、ラスト1.2kmの登りは最大20%の激坂区間を含む2級山岳山頂フィニッシュである。 スタート直後に待ち構える1級山岳レスピグリエ(l'Espigoulier)峠…

ティレーノ第2ステージ&パリ~ニース第5ステージ

ティレーノ~アドリアティコ第2ステージ パリ~ニース第5ステージ ティレーノ~アドリアティコ第2ステージ 初日のチームタイムトライアルに続き、ティレーノ~アドリアティコ第2ステージはいきなりの登りゴール。最大勾配15%の激坂区間を含む厳しいフィニッ…

パリ~ニース2017 第4ステージ ゴルカ・イサギーレに光が当たるとき

ジュリアン・アラフィリップ、まさかの大勝利。 彼がこのタイミングで総合ジャージを着ることには何の違和感もないが、あれだけの走りを見せたアルベルト・コンタドールを20秒も上回って勝利したことが何よりも驚きである。 第2ステージのコルブレッリ、第3…

主要レース結果まとめ(2017年2月期)

各種ステージレースが次々と展開され、ビッグネームたちがこぞってシーズン入りしている2月。 ワールドツアーレースが本格化していく3月を前にして、今年の有名選手たちの「足の調子」を見るにはちょうどいい時期である。 今回はこの、2月期の主要レースを振…

ティレーノ~アドリアティコ2017 プレビュー

パリ~ニースと並び、本格ワールドツアーシーズンの開幕を告げる伝統的なステージレース。主催者はジロ・ディタリアと同じRCSスポルト。 イタリア半島を横断し、ティレニア海とアドリア海とを結ぶその行程から、「二つの海を結ぶレース」という異名でも知ら…

パリ~ニース2017 第3ステージ

昨年は5勝。HCクラスでの勝利もあり、十分に実力のあるスプリンターであった。 それでも、ペーター・サガンという絶対的エースの合流によって、エーススプリンターとしてのその立場は危うくなる、かとも思われた。 しかし、彼の実力はサガンも認めるものであ…

パリ~ニース2017 第2ステージ

勝利を確信し、両手を開く。 その瞬間、吐き出された咆哮は、ライブカメラを伝わって世界中の視聴者へと届けられた。 ソンニ・コルブレッリ。彼にとって初めてのワールドツアーチームに移籍した初年度に、待望のワールドツアーレース勝利を決めた。 これは決…

パリ~ニース2017 第1ステージ アルノー・デマール、その勝利の秘訣

「ナセル・ブアニのライバル」という枕詞が常について回った。 そして、ジロ・ディタリアなどで勝利を重ねていたブアニと比べ、彼はそこまで、大きな目立ち方をしていなかったように感じる。 しかし昨年のパリ~ニースで1勝。そして何よりも、ミラノ~サンレ…

ストラーデ・ビアンケ2017 着順20位内全選手レビュー(後編)

前編に引き続き、着順20位以内の選手たちを全レビューする。 今回は10位~1位。 レース名の由来となった「白い道」。今年は悪天候の結果、泥だらけの過酷なコースとなった。 第10位(+2分52秒) スコット・スウェイツ(ディメンションデータ) 第9位(+2分23秒) …

ストラーデ・ビアンケ2017 着順20位内全選手レビュー(前編)

イタリア・トスカーナ地方で行われたワールドツアーランクのワンデーレース、ストラーデ・ビアンケ。 全長62kmにわたる「未舗装路」の存在が特徴的なこのレースについて、今回は「着順20位までの選手を全レビューする」という、いつもとちょっと違った方法で…

ストラーデ・ビアンケ2017 プレビュー

先週から始まった春のクラシックシーズン第2週の目玉はこの「ストラーデビアンケ」。 今回は、今年からワールドツアー入りし、より一層注目集めているこのレースをプレビューしていきたい。 ストラーデビアンケとは? 注目選手たち ティース・ベノート(ベル…

パリ~ニース2017 プレビュー

「太陽へのレース」、いよいよ開幕(3月5日~)。 まさにサイクルロードレースシーズンの本格的な幕開けを告げるこのレースを、徹底的にプレビューしていきたい。 注目選手(総合) セルヒオルイス・エナオ(コロンビア、30歳) イルヌール・ザッカリン(ロシア、28…

アブダビ・ツアー2017 第4ステージ

第2ステージのリベンジは、すぐにでも果たす。 あの走りが、決して偶然ではなかったことを、見事に証明した。 最強のライバルであるマルセル・キッテルが、遅れて後方に下がっていたために一騎打ちにはならなかったものの、それでもアンドレ・グライペルとマ…

オンループ・ヘット・ニウスブラッド2017

「実力だけでは勝てない、運も重要だ」 という言葉通り、落車が続く過酷なレース展開であった。 残り80kmを切ったところで発生した大規模な落車。 これにより、優勝候補であったトム・ボーネン、アレクサンダー・クリストフ、アルノー・デマール、ディラン・…

アブダビ・ツアー2017 第3ステージ

かつてランプレ・メリダと呼ばれたそのチームは、メインスポンサーを2016年シーズンで失う危機に瀕していた。 一度は中国資本により存続が決まっていたものの、年末が近づくにつれこの話が突然大きく変わり、いつの間にか中東アブダビ首長国によるチーム「UA…

アブダビ・ツアー2017 第2ステージ

正直、言葉を失った。 やった!ユワンついに勝った! ・・・と思った次の瞬間。 雄叫びを上げるキッテル。 項垂れるユワン。 最高のタイミングで放たれたユワンはカヴェンディッシュの追撃も届かず、間違いなく先頭でゴールラインを通過しそうな勢いであった…

アブダビ・ツアー2017 第1ステージ

マーク・カヴェンディッシュ、見事な勝利! ニッコロ・ボニファツィオの加速も素晴らしかったが、少し飛び出しが早過ぎたか。 そのあとのカヴェンディッシュの追い上げは完璧だった。 アンドレ・グライペルも必死に前に出ようとするも、まったく歯が立たず。…