りんぐすらいど

ロードレース関連の記事が中心。https://twitter.com/SuzuTamaki

ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ2017 第2ステージ

波乱が予想されていた長距離(41km)チームタイムトライアル

大方の予想通り、トレック・セガフレードのタイム(50分10秒)を大きく上回ったのがBMCレーシングチーム48分57秒のタイムを叩き出し、トレックを1分13秒上回る結果に。トレックのエース、アルベルト・コンタドールはいきなり窮地に立たされることになった。

 

優勝候補の1つ、チーム・スカイはどうかというと・・・中間計測でBMCから22秒遅れ(トレックは同23秒遅れ)で、これも厳しい。

 

実際、結果的にスカイは49分41秒の結果となり、トレックからは30秒稼いだものの、BMCからは40秒近く失う羽目になってしまった。

 

 

これはBMCの勝利揺るぎないか・・・と思ったそのとき、

f:id:SuzuTamaki:20170322013155p:plain

第3の優勝候補、ヴィスタが中間計測更新!!

わずか8秒でしかないが、これを逆転されるとは、考えづらい。

 

 

結果として、モヴィスターは48分55秒となり、BMCを2秒上回りステージ優勝。

ヴィスターの先頭を取ったホセホアキンロハスが総合リーダージャージを獲得した。

f:id:SuzuTamaki:20170322014146p:plain

最後まで8人揃ってのゴールとなったモヴィスター。圧倒的な力を見せつけた形となった。

 

 

今回の結果は以下の通りである。

 

過去のカタルーニャが7秒や4秒、17秒、長くても1分30秒というタイム差で総合が決まっていることを考えると、もはやロマン・バルデマイカザッカリンタランスキーなどはもう帰ってもいい感じになりつつある。

というか、やっぱり40kmオーバーのTTTを1週間のステージレースに入れるのは無理があるでしょう。いくらなんでも大味すぎるのでは、カタルーニャ

 

とはいえ今年はこのあとにラ・モリー(第3ステージ)や、

f:id:SuzuTamaki:20170317010746p:plain

 

ラ・ポルト(第5ステージ)といった難関山岳ステージが待ち構えている。

f:id:SuzuTamaki:20170317013925p:plain

 

 

展開次第では、少なくともチーム・スカイあたりならば十分に逆転可能な位置につけてはいるし、こういった厳しい展開になったときに強いのがアルベルト・コンタドールである(で、結局勝てなかったりもするのだけれど)。

 

逆にチャンスなのがBMCである。

キンタナ相手ではちと分が悪くとも、バルベルデ師匠が相手であれば、付け入る隙は十分にありそうである(と、言うとファンに失礼だが)。

 

となると、奮起してほしいのがティージェイ・ヴァンガーデレンである。

過去のカタルーニャではクイーンステージで調子のいい男である。苦しんでいた昨年で、すら。

とくにラ・モリーナとの相性はいい。

明日の第3ステージ、ヴァンガーデレンの動きに注目である。

総合リーダージャージを着ることとなったホセホアキンロハスブエルタ最終日前日の激しい転倒により大怪我を追っていたが、この3月に早くも復帰となった。このジャージは、そんなロハスに対しての、チームからの祝福だったのかもしれない。