りんぐすらいど

サイクルロードレース情報発信・コラム・戦術分析のブログ

Androni - Sidermec - Bottecchia 2018年シーズンチームガイド

読み:アンドローニ・シデルメク・ボッテーキア

国籍:イタリア

略号:ANS

創設年:1996年

使用機材:BOTTECCHIA (イタリア)

2017年ヨーロッパツアーランキング:3位

(以下記事における年齢はすべて2018年における数え年表記となります) 

 

 

 

2018年ロースター

f:id:SuzuTamaki:20180106230619p:plain

ツール・ド・ラヴニール総合優勝を果たし今年スカイに移籍した期待の新人No.1、ベルナルが元々在籍していたチーム。かつて、ミケーレ・スカルポーニなども在籍し、成績を残している。

1クラスと2クラスのみだが、2017年シーズンは22勝と好調。とくに2016年から引き続き、ツアー・オブ・チャイナでの大量勝利が目立った。

今年はジロのワイルドカード獲得なるか?

 

 

注目選手

ダヴィデ・バッレリーニ(イタリア、24歳)

脚質:ルーラー

昨年のティレーノ~アドリアティコで、第2ステージでの逃げにより山岳賞ジャージを獲得。第4ステージでも逃げたが、その日の勝者キンタナに一度は奪われる。が、ITTを翌日に残した実質的な最終ステージで再度逃げに乗った結果、見事、山岳賞ジャージを自らのものにした。

Embed from Getty Images

とはいえ、クライマーとしての実績はさほど多くなく、むしろスプリンターと定義してしまった方が適切かもしれない。

昨年のツアー・オブ・ターキーでは3度、スプリントステージでTOP10入りを果たしている。

 

ファウスト・マズナーダ(イタリア、25歳)

脚質:クライマー

ネオプロの昨年、ツアー・オブ・ターキーのクイーンステージで区間4位。そのままの勢いで総合3位となった。今後期待の若手の1人だ。 

 

ケビン・リベラ(コスタリカ、20歳)

脚質:不詳

珍しいコスタリカ人ライダー。わずか19歳で挑んだ昨年のツアー・オブ・チャイナⅠの開幕ステージで逃げ切り勝利。そのまま総合優勝を決めた、底知れぬ男。

アマドールに続く母国の英雄となれるか?

 

フランチェスコ・ガヴァッジ(イタリア、34歳)

脚質:パンチャー

20代後半の時期にランプレ、アスタナとワールドツアーチームに在籍していた。グランツール出場経験も豊富で、バスク1周やブエルタでの勝利経験もある、チーム随一のベテランである。現チームは今年で3年目。

2017年ツアー・オブ・ターキー総合7位。

 

ロドルフォアンドレス・トーレス(コロンビア、31歳)

脚質:クライマー

ワールドツアーチーム所属経験はないが、2014年・2015年はチーム・コロンビアに所属し、ブエルタやジロにも出場している。2015年ブエルタで、フランク・シュレクと逃げて惜しくも区間2位となったのは記憶に新しい。

ブエルタ・サンフアンは昨年総合3位。似たレースであるツール・ド・サンルイスでも総合2位の経験有。今年もエースとして狙っていく。

 

 

2018年シーズン主要出場予定レース(1/7時点)

1/21~ ブエルタ・サンフアン(アメリカツアー2.2)

出場予定選手

1.ロドルフォアンドレス・トーレス

2.マヌエル・ベレッティ

3.マルコ・フラッポルティ

4.フランチェスコ・ガヴァッジ

5.ファウスト・マズナーダ

6.アンドレア・ヴェンドラーメ

 

トーレスで総合優勝を狙い、5つあるスプリントステージではベレッティをエースに立てるか? マズナーダの躍進にも期待。

結果が出たらまたここに追記する(予定)。